播磨 西国三十三観音霊場:性空上人ゆかりの書写山 圓教寺を歩く その①

| コメント(0) | トラックバック(0)
娘の旦那が姫路に転勤。愛媛の田舎から東京に戻る途中、孫の顔見たさに姫路に途中下車。その折に、姫路と言えば姫路城でしょうを差し置いて、姫路市街の北にある書写山圓教寺を歩いてきた。
圓教寺は前々から気になっていたお寺さまである。気になっていたのはお寺さまそのものより、その創建者である性空上人。性空上人は、10年ほど前に秩父三十四観音霊場を歩いたとき、その開創縁起に登場した高僧であるのだが、何故に西国・播磨の上人が東国・秩父に「出張って」くるのか、その物語伝承が気になっていた。
もとより、性空上人は西国三十三観音霊場の開創縁起にも登場しており、そのコンテキストの延長線上での秩父観音霊場縁起への登場であろうことは妄想できるのだが、そもそも何故に西国観音霊場開創縁起に登場するのか、またそもそも観音霊場巡礼はどうしてはじまったのか、またまた、そもそも参詣と巡礼とは何が違うの、といった疑問が次々と頭を過り、これは手に負えないと思考停止し、しばらく「寝かせる」ことにしていた。
今回、その性空上人の本拠地である圓教寺を歩く。秩父を歩いたのは2009年であるので、その間は10年。少々「寝かせすぎ」のきらいはあるのだが、圓教寺を歩くその過程で性空上人へのリアリティを感じることができるだろうし、そうすれば「寝た子を起こす」きかっけになろうかとお寺さまのある書写山に出かけた。

本日のルート;
JR姫路駅>書写山ロープウエイ乗り場>東坂露天満宮
東坂
東坂参道上り口>壱丁>二丁>三丁>宝池>四丁>五丁>五丁古道>六丁>七丁>八丁>九丁>十丁>十一丁>紫雲堂分岐>紫雲堂跡>十二丁>十三丁>和泉式部の案内>十七丁
圓教寺境内
仁王門>壽量院>五重塔跡>東坂・西坂分岐点の標石>十妙院>護法石>湯屋橋>三十三所堂>魔仁殿>岩場の参詣道>姫路城主・本多家の墓所>三之堂>鐘楼>十地院>法華堂>薬師堂>姫路城主・松平直基(なおもと)の墓所>姫路城主・榊原家の墓所>金剛堂>鯰尾(ねんび)坂参道>不動堂>護法堂>護法堂拝殿>開山堂>和泉式部歌塚塔>弁慶鏡井戸>灌頂水の小祠>西坂分岐点に戻る
西坂
妙光院>二丁>三丁>四丁>五丁>六丁>七丁>八丁>九丁>十丁>十一丁>十二丁>十三丁>十四丁>十五丁>十六丁>十七丁>下山口

JR姫路駅
姫路駅前の神姫バス乗り場で「書写ロープウエイ行」バスに乗る。
姫路
姫路って、何となく姫を連想する。が、この地方を「姫路」と呼ぶようになったのは室町以降とする。それ以前は「日女路(ひめじ)」と呼ばれたようである。奈良時代に編纂された『播磨風土記』には、神世の昔、この辺り一帯が未だ海であった頃、大己貴(おおなむち:大国主命)命がその子の火明(ほあかり)命があまりに乱暴者であるが故に、この地の島に置き去りにした。が、その仕置きに怒り狂った火明命が嵐を起こし大己貴命の乗る船が難破。船の積み荷の蚕子(ひめこ;かいこ)が流れついた場所を「日女道丘」としたのがその名の由来とする。 蚕子(かいこ)を「ひめこ」と呼ぶ?蚕のうち、眼状紋のある種類を形蚕(かいこ)、ないものを姫蚕(ひめこ)と呼ぶようであり、さらに古語では「ひめじ」とも呼んでいたとも言う。 神話由来とは別の有力な説としては、この地方は養蚕が盛んであったため、蚕子(ひめこ)の古語である「ひめじ」由来するものもある。どちらにしても蚕子がコアにあるようだ。

ちなみに姫路には14ほどの独立丘陵が散らばるが、それぞれの山、というか往時の島には上述難破し漂着した船荷由来の地名が残る。日女道丘もそのひとつであり、それは現在姫路城の建つ姫山である。

書写山ロープウエイ乗り場
バスを30分ほど乗ると書写山ロープウエイ乗り場に到着。実の所、当日東京に戻る予定であり、圓教寺にはロープウエイを利用しようと思っていたのだが、ひょっとして、と乗り場の方に登山道を尋ねると、ロープウエイ乗り場近くに登山口があると言う。
国土地理院の地図でチェックすると、登山道と思しき実線がふたつ描かれている。ひとつはロープウエイ乗り場の近くから圓教寺まで。もうひとつはもう少し西に描かれている。標高もそれほど高くない(標高371m)。ということで、急遽予定を変更し登山道を上ることにした。

東坂露天満宮
ロープウエイ乗り場手前を左に折れ、山陽自動車道の高架を潜る。高架下に「書写山登山口 250m先右折」の案内があった。
高架を越え道なりに進むと露天満宮の案内。ルートからは少しはずれるのだが、「露天満宮」名という、あまり耳にしない天神様に惹かれてちょっと立ち寄り。
道を右に折れ、山陽自動車道が書写山のトンネルに入る少し西に露天満宮があった。社殿は比較的新しい。山陽自動車道の建設に伴い移転したとも言う。
境内にあった案内には「東坂露天満宮」とあり、「創建不詳。慶長六(1601)、『池田輝政公御検地明細地図』と付箋のある絵図に、天満宮が書写山東麓に描かれている。明治四(1871)年四月の記録には、東坂本村氏神と記されている。
祭神は学問の神様と言われている菅原道真。露天満宮は県下ではこの一社のみで、崇敬な天満宮と伝えられている。
由来は道真が都を離れ大宰府で、「露と散る 涙に袖は朽ちにけり 都のことを想ひいずれば」と呼んだ歌によるとされる。境内には露泉がある 平成二十年」とあった。

露天神と言えば、近松門左衛門の「曾根崎心中」で知られる大阪市にある通称「お初天神」が知られる。
その社名由来も上述「露と散る・・・」の歌にあるとされ、こちらは大宰府配流の途次、その社で詠ったとされる。もっとも由来には近くに露の森があったため、とか、露の時期に神社の前の井戸から水が湧き出たといったものもある。
その伝からいえば、この社にも露泉があるというから。それが社名の由来とするほうが、なんとなくしっくりくる。単なる妄想。根拠なし。境内には露泉と案内のある、覆屋に囲まれれた湧水らしき、ささやかな泉があった。

東坂参道上り口;11時37分
天神さんから道に戻り、山裾の民家の間を進むと四つ辻に標石らしき石と、登山道は右折の案内がある。右折し北に向かうと近畿自然歩道の木標に「東坂参道」と書かれた案内が取り付けられていた。ここにきてはじめて東坂とは圓教寺に上る参道であったことがわかった。
東坂参道の案内の傍には「紫雲堂跡展望広場」の案内もある。紫雲堂跡が有り難いのか、展望広場が有り難いのか、どちらに重点を置いた案内か不明だが、ともあれ東坂参道の案内に従い左折し山道に入る。

壱丁;11時41分
参道口の石碑を見遣りながら山道に入るとほどなく「壱丁」と刻まれた丁石が立つ。

■性空上人
ここからしばらく標石を辿りながらの登山であり、特段メモすることもない。漱石の『草枕』の有名な書き出し、「山に登りながら、こうかんがえた」ではないけれど、書写のお山に上りながら、性空上人と観音霊場巡礼のあれこれについてメモしようと思う。
メモするにあたっては、WEBで目にした『中世巡礼の精神史 山林修行者と冥界の問題;舩田淳一(2012年度大会シンポジウム』、『書写山の一遍上人;竹村牧夫(東洋学論叢)』、松岡正剛氏のWEB書評である『千夜千冊』の法華経や大乗仏教に関するページなどを参考にさせてもらった。

秩父観音霊場縁起と性空上人
まずは、そもそもこの書写の山に来てみようと思ったきっかけとなった秩父札所縁起。そこに書写山圓教寺開山の性空上人が登場する;
縁起によると、文暦元年(1234)に、十三権者が、秩父の魔を破って巡礼したのが秩父観音霊場巡礼の始まりという。十三権者とは閻魔大王・倶生神・花山法王・性空上人・春日開山医王上人・白河法王・長谷徳道上人・良忠僧都・通観法印・善光寺如来・妙見大菩薩・蔵王権現・熊野権現。 また、「新編武蔵風土気稿」および「秩父郡札所の縁起」によれば、「秩父34ヶ所は、是れ文暦元年3月18日、冥土に播磨の書写開山性空上人を請じ奉り、法華経1万部を読誦し奉る。其の時倶生神筆取り、石札に書付け置給う。其の時、秩父鎮守妙見大菩薩導引し給い、熊野権現は山伏して秩父を七日にお順り初め給う。その御連れは、天照大神・倶生神・十王・花山法皇・書写の開山性空上人・良忠僧都・東観法師・春日の開山医王上人・白河法皇・長谷の開山徳道上人・善光寺如来以上13人の御連れなり・・・。時に文暦元年甲牛天3月18日石札定置順札道行13人」、と。
それぞれ微妙にメンバーはちがっているようなのだが、奈良時代に西国観音霊場巡りをはじめたと伝わる長谷の徳道上人や、平安時代に霊場巡りを再興した花山法皇、熊野詣・観音信仰に縁の深い白河法皇、鎌倉にある大本山光明寺の開祖で、関東中心に多くの寺院を開いた良忠僧都といった実在の人物や、閻魔大王さま、閻魔さまの前で人々の善行・悪行を記録する倶生神、修験道と縁の深い蔵王権現といった「仏」さまなどが登場する。

二丁;11時45分
数分で二丁標石。舟形地蔵も祀られる。

西国観音霊場縁起
上述秩父観音霊場縁起の元になったのは西国三十三観音霊場縁起。観音霊場巡礼をはじめたのは大和・長谷寺を開基した徳道上人と伝わる。上人が病に伏せたとき、夢の中に閻魔大王が現れ、曰く「世の人々を救うため、三十三箇所の観音霊場をつくり、その霊場巡礼をすすめるべし」と。起請文と三十三の宝印を授かる。
冥途より蘇った上人は三十三の霊場を設ける。が、その時点では人々の信仰を得るまでには至らず、期を熟するのを待つことに。宝印(納経朱印)は摂津(宝塚)の中山寺の石櫃に納められることになった。ちなみに宝印の意味合いだが、三十三箇所を廻ったことを証するもの。
今ひとつ盛り上がらなかった観音霊場巡礼を再興したのは花山(かざん)法皇とされる。徳道上人が開いてから300年近い年月がたっていた。花山法皇は、御年わずか17歳で65代花山天皇となるも、在位2年で法皇に。寛和2年(986)の頃と言う。愛する女御がなくなり、世の無常を悟り、仏門に入ったため、とか、藤原氏に皇位を追われたとか、退位の理由は諸説ある。
出家後、比叡山や播磨の書写山、熊野・那智山にて修行。霊夢により西国観音霊場巡礼を再興することになったとされる。ここには聖徳太子の墓所を護る石川寺の仏眼上人(熊野権現の化身とも称される)が中山寺の宝印を掘り出し先達として霊場を巡ったとか、『西国霊場縁起』には徳道上人の冥途・蘇生譚に続き、書写山の性空上人が法華経十万部の書写の導師として閻魔大王に召され、西国観音霊場巡礼を勧められ、聖徳太子開山の中山寺の弁光上人らをともなって三十三観音霊場を巡ったとかいくつかのバリエーションがあるようだ。

三丁;11時49分
二丁と同じく舟形地蔵と三丁の標石

●冥途・蘇生譚と罪滅信仰
縁起はともかく、記録に残る観音霊場巡礼の最初の記録は園城寺(三井寺)の僧・行尊の「観音霊場三十三所巡礼記」。寛治4年、というから1090年。一番に長谷寺からはじめ、三十三番・千手堂(三室戸寺)に。その後院政期天台宗寺門派の高僧、長谷上人とも称される園城寺(三井寺)の覚忠が応保元年〈1161〉那智山・青岸渡寺からはじめた巡礼が今日まで至る巡礼の札番となった、とか。そして、この覚忠に関して、醍醐寺の『枝葉抄』には、「覚忠頓滅して閻魔王宮に参ず。炎王問いて云う。日本国中に生身観音三十三ヶ所これ有。知るや否や。。」といった記述がある。
ここに秩父霊場巡礼縁起、西国巡礼縁起といった「縁起」だけでなく、その元となった実際の巡礼の記録にも共通するプロットというかモチーフが浮かび上がってくる。冥途・蘇生譚、そして在滅信仰としての観音巡礼がそれである。冥途に行くも閻魔大王より地獄に墜ちる衆生を済度すべしと蘇り、現世での衆生の罪を滅すべく霊場を巡るという物語である(『中世巡礼の精神史 山林修行者と冥界の問題;舩田淳一(2012年度大会シンポジウム』より)。

宝池;11時51分
三丁標石から直ぐ、道脇に「宝池 日本一小さい池」とある。

法華持経者の冥途・蘇生譚と罪滅信仰
西国巡礼の先駆者とされる行尊・覚忠は共に天台宗寺門派の山岳修行者・法華持経者として知られる。覚忠の記録に冥途・蘇生譚と罪滅信仰としての観音巡礼が見られたが、これは覚忠に限ったことではなく、法華経持経者として山岳に修行する天台宗の行者の伝記集成である『法華霊験記(1043年頃)』には同様のモチーフが数多くみられるとする(『中世巡礼の精神史 山林修行者と冥界の問題』)。
天台宗は法華経を根本経典とし天台法華宗とも呼ばれるわけで、上述基本モチーフ、そして中でも興味関心のトピックである滅罪信仰としての観音霊場巡礼は法華経にその源を求めなければならないように思えてきた。

四丁;11時52分
四丁は標石だけ。

法華経と菩薩・菩薩行
法華経のことは何も知らない。今回メモするにあたり駆け足で法華経をスキミング&スキャニング。と、法華経は「人はだれも平等に成仏できる」とする。これが、自己の解脱を目指す小乗仏教と異なる大乗仏教の根本思想と言う。
が、その根本思想の実現はそれほど簡単ではない。そこで登場するのが「菩薩」であり、「菩薩行」というプロット。「法華経の第? 従地湧出品」には幾萬もの菩薩が地を割り現れ、「利他行」者として仏陀の教えである衆生済度をアシストすることになる。上述山岳で修行する法華持経者とは、自己の解脱修行者というだけではなく、仏陀の根本思想である利他行・菩薩行を実践するものであった、ということだろう。

五丁;11時54分
数体の舟地蔵の先に五丁標石。

法華持経者と観音菩薩
それでは菩薩行者としての法華持経者の冥途・蘇生そして罪滅信仰としての巡礼に、幾多の菩薩を差し置いて何故に観音菩薩が登場するのだろう。
法華経をスキミング&スキャニングする過程で観音巡礼の深い関係が見えて来た。観音信仰のもとになる観音教は28品(章?)からなる法華経の第25 「観世音菩薩普門品」とあり、法華経の中に含まれるものであった。
冥途で閻魔大王に会うというストーリーは、閻魔大王が衆生の現世での罪を秤にかけ、地獄に墜ちるか否かを審判する故のことであろうが、蘇生する所以は現世での菩薩行を重ね、地獄に墜ちる衆生を減じるべし。そのためには観音菩薩がベストプラクティスとする。
観音菩薩がチョイスされたのは当時の時代風潮も影響したのかもしれない。来世での往生もさることながら、現世利益も欲しいよね、といった要望に、基本は現世利益の菩薩である観音さまが最適であったのかもしれない。観音さまは、その字義の如く、離れた来世で衆生の発する音(苦悩?)を聞き、はるばるこの世(現世)に来たりて救いの手を差し伸べるという菩薩行を担ってくれるわけである。
「(三十三所を)一度参詣の輩は縦い十悪五逆を造ると雖も、速に消滅し永遠く悪趣を離れん」、とか「観音の霊地、その庭に一度も参詣を遂げる輩は、無量劫の罪消滅、現世安穏なれば後生又善所に生を遂げて。。(「三十三所巡礼縁起之文」)」に観音様の現世功徳の程が見て取れる(『中世巡礼の精神史 山林修行者と冥界の問題』)。
法華持経者が罪滅の菩薩行として観音菩薩を選んだのは自然の流れであったように思えてきた。なお、三十三箇所というのは、衆生済度のため、観音菩薩が三十三変化することに由来するとされる。

五丁古道;11時56分
大日如来の石像を越えた先に「五丁古道」の案内。整備された登山道を離れ木々に覆われた道に入る。1分ほど歩き、再び整備された登山道に戻る。

法華持経者としての性空上人
それでは何故に性空上人が西国観音巡礼縁起に登場したのか、ということだが、Wikipediaには、「性空(しょうくう、延喜10年(910年) - 寛弘4年3月10日(1007年3月31日))は、平安時代中期の天台宗の僧。父は従四位下橘善根。俗名は橘善行。京都の生まれ。書写上人とも呼ばれる。
36歳の時、慈恵大師(元三大師)良源に師事して出家。霧島山や筑前国脊振山で修行し、966年(康保3年)播磨国書写山に入山し、国司藤原季孝の帰依を受けて圓教寺(西国三十三所霊場の一つ)を創建、花山法皇・源信(恵心僧都)・慶滋保胤の参詣を受けた。
980年(天元3年)には蔵賀とともに比叡山根本中堂の落慶法要に参列している。早くから山岳仏教を背景とする聖(ひじり)の系統に属する法華経持経者として知られ、存命中から多くの霊験があったことが伝えられている。1007年(寛弘4年)、播磨国弥勒寺で98歳(80歳)で亡くなった」とある。




六丁;11時59分
すぐに六丁休堂跡の石碑。傍に石仏も立つ。その先に六丁標石。

性空上人と観音巡礼縁起への登場
性空上人は高名な法華持教者であった。であれば法華持教者の菩薩行により誕生した冥途・蘇生、そして現世における滅罪信仰としての観音霊場巡礼に登場するのは何の違和感もない。
ただ、性空上人が実際に冥途・蘇生譚の当事者であったかどうかは別問題である。上述の如く、『西国霊場縁起』には「書写山の性空上人が法華経十万部の書写の導師として閻魔大王に召され、西国観音霊場巡礼を勧められ。。(1536)」といったくだりがあるが、これと似た話が13世紀の中頃編纂された『古今著聞集』に載る。曰く、性空上人があまりに熱心に法華経の写経をするため、地獄に堕ちる者が著しく減った。ために、もうこれ以上写経をするのをやめてほしいと閻魔大王の使者にお願いされた、って話である。が、これは北摂津一帯に広く伝わる清澄寺の尊恵上人の冥途・蘇生譚をその固有名詞を性空上人に置き換えただけとも言う(『中世巡礼の精神史 山林修行者と冥界の問題』より)。
そう言い出したら、観音巡礼をはじめたとされる徳道上人など7世紀とも8世紀ともいわれる頃の伝説の僧侶であり、観音巡礼に出たといった記録はないようで、11世紀から12世紀の頃、行尊や覚忠によりはじまり、室町期に盛んとなった三十三観音霊場巡礼の源を、時代をずっと遡らせるためだけに登場させているようにも思える。
また花山法皇もそうである。観音信仰・浄土信仰の聖地として知られる熊野は天台宗寺門派である園城寺(三井寺)の修験僧が奈良時代の後期、世俗的な寺から離れ開いたところである。修験道は平安時代に霊山で修行した法華持経者などを淵源としたわけで、「菩薩の勇猛精進深山に入りて仏道を思惟するを見る」とする法華経を依経とする天台宗と密接に関わって成立展開した。で、西国巡礼の先駆者とされる天台宗寺門派の山岳修行者行尊・覚忠に替え、観音信仰の有難みを出すべく、熊野信仰で知られる花山法皇をキャスティングしたように思える。
要は、この観音霊場の縁起で必要なのは冥途・蘇生譚、そして在滅信仰としての観音巡礼というストーリーであって、極端に言えば登場人物は誰でもいい。であれば、世にわかりやすい人物を適宜配置しておこう、といったところかもしれない。弘法大師伝説、行基伝説など高名な人物によくあるパターンである。
では世にわかりやすい人物として登場した性空上人って、どれほど高名であったのだろう。

七丁;12時
直ぐ七丁標石。

慕われる性空上人
上述Wikipediaの性空上人の説明には「花山法皇・源信(恵心僧都)・慶滋保胤の参詣を受けた」とある。後述するが清少納言との関りも深い。上人存命中は叶わなかったが、後白河上皇、一遍上人なども上人を慕ってお山に登っている。後白河法皇の梁塵秘抄にも謡われている。御醍醐天皇は隠岐より帰京の途次御参詣している。また、平清盛、源頼朝をはじめ、武将の信仰も厚く、寺領を寄(よ)せ、諸堂を建立する。14世紀中頃の『徒然草』にもその名が出る。性空上人は高徳・高名な僧であったことはまぎれもない。
以下、上記登場人物と性空上人との関りを簡単にメモする。
〇花山法皇
花山法皇は寛和2年(986)と長保4年(1002)の二度、書写山を訪れている。性空と結縁ののち比叡山や熊野に参籠修行し、西国三十三所巡礼を、性空らとともに再興したとされるのは上述のとおり。

恵心僧都源信
『往生要集』の作者、浄土教の祖として知られる恵心僧都源信は、性空上人と密な交流を重ね、上人を尊敬し「此の聖ほめ申させ給へ」と言う。また、晩年に性空上人は源信を書写山に招き、所蔵の書物供養の後、源信帰途の途中で性空上人はむなしくなる。
〇慶滋保胤)(よししげのやすたね)
『日本往生極楽記』の作者として知られる寂心(俗名は、慶滋保胤。1002年寂)も書写山にしばしば上り、性空と親しく交わったと言う。
性空上人存命のころ上人と縁とあった清少納言は後述。

八丁;12時2分
八丁標石と続く。

慕われる性空上人
以下は性空上人没後に上人を慕い書写のお山に登った人物。

後白河法皇
後白河法皇は承安4年(1174)、厳島神社参詣の帰途、七日の間参籠し書写山の本尊である如意輪観音を拝んだとのこと。また後白河法皇は『梁塵秘抄』の選者としても知られるが、そこには、「聖の住所は何処何処ぞ、箕面よ勝尾よ、播磨なる、書写の山、出雲の鰐渕や日の御崎、 南は熊野の那智とかや」と「聖の住所は何処何処ぞ、大峰・葛城・石の槌、箕面よ勝尾よ、播磨の書写の山、南は熊野の那智新宮」といった今様2首が載る。法皇の上人を敬する気持ちの表れでもあろうか。

九丁;12時5分
八丁を越えると空が開け、里の遠望も。その先に九丁標石。

慕われる性空上人
一遍上人
一遍は弘安10年(1287)春、書写山に登った。一遍は性空を尊敬し、上人手彫りと伝わる圓教寺の本尊を拝みたいと住僧に願うが、「久修練行の常住僧のほか余人すべてこれを拝したてまつることなし」とし、余人では後白河法皇のみが拝んだだけと拒絶される。
と、一遍は次の四匂の偈と和歌一首を作る。
書写即是解脱山  書写は即ちこれ解脱の山
八葉妙法心蓮故  八葉妙法は心蓮の故に
性空即是涅槃聖  性空は即ちこれ涅槃の聖
六字宝号無生故  六字の宝号無生の故に
かきうつすやまはたかねの空に消えて ふでもおよばぬ月ぞすみける
これをみた住僧は「この聖の事は他に異なり、所望黙止しがたし」と述べ、一遍が本尊を拝むことを許した。
一遍は内陣に入り、本尊を拝んで落涙。曰く、「本尊等を拝したてまつり、落涙していで給けり。人みなおくゆかしくぞ思ひ侍りける。聖のたまひけるは、「上人(性空)の仏法修行の霊徳、ことばもをよびがたし。諸国遊行の思いでたゞ当山巡礼にあり」と。長い聖遊行の旅もこのお山にすべてあり、といったところだろうか。
一遍は、「一夜行法して、あくれば御山をいで給けるに、春の雪おもしろくふり侍りければ、 世にふればやがてきへゆくあはゆきの 身にしられたる春のそらかな』と詠んだと言う(『書写山の一遍上人;竹村牧夫(東洋学論叢)』)。

十丁;12時7分
九丁の辺りから山肌が岩場の趣き。十丁標石の辺りでは尾根筋が一面に岩場となる。

慕われる性空上人
『徒然草』
鎌倉時代末期、14世紀の前半に吉田兼好により書かれた『徒然草』にも上人が以下の如く描かれる;「書写の上人は、法華読誦の功積りて、六根浄にかなへる人なりけり。旅の仮屋に立ち入られけるに、豆の殻を焚きて豆を煮ける音のつぶつぶと鳴るを聞き給ひければ、「疎からぬ己れらしも、恨めしく、我をば煮て、辛き目を見するものかな」と言ひけり。焚かるゝ豆殻のばらばらと鳴る音は、「我が心よりすることかは。焼かるゝはいかばかり堪へ難けれども、力なき事なり。かくな恨み給ひそ」とぞ聞えける。
法華の教えを体現し、眼耳鼻舌身意(げんにびぜつしんい)でという煩悩の根源である六根を清浄した上人が、豆の殻で火を焚きぶつぶと音をたてて煮られる豆を見たときのエピソード;「まんざら知らない間柄でもない豆の殻よ、なんの恨みで私を煮て熱く辛い思いをさせるのだ」、と豆がぶつぶつと言うの対し、豆の殻も「好き好んでやってるるわけじゃない。火で焼かれる自分たちも耐え難いのだけど、どうすることもできないのだ」と言っているように聞こえた、と。
なんだか意味深いエピソードにも思えるのだが、凡俗のわが身に解釈すること能わず。六根清浄なるがゆえに豆と豆柄の話も上人には聞こえた、といった辺りでメモを止めておく。

十一丁石あたりから、あれこれメモすることが現れた。性空上人に関するメモはちょっと中断する。

十一丁;12時10分
上下に続く岩場を見遣り十一丁に。「砥石坂」の案内がある。説明はない。東坂参道のことを「砥石坂」と呼ぶ、また、7歳から10年間に渡りこの書写山で修行した弁慶が長刀を研いだ故に「砥石坂」といった記事がWEBにあった。
その先に「岩の中の小石」の案内。「足元の岩場の中に見える小石は火山の爆発で吹き飛ばされた流紋岩などの破片で、火山灰の中に閉じ込められ岩となったもの。このような火山性の岩を角礫凝灰岩と呼ぶ。風化によって閉じ込められた岩が表面に現れて現在の岩肌を見せる」といったことが書かれていた。
「今からおよそ1億年前の白亜紀にこの辺り一帯で大規模な火砕流が起き、書写山にはその火砕流でできた広峰層が分布する。スレートやチャートなどの基盤の岩石をレキとして多く含む溶結凝灰岩が主な岩層である」といった記事をWebで見かけた。ということは帯となって尾根を覆う岩場は溶結凝灰岩で、その中に見える小石が流紋岩や安山岩からなる角礫凝灰岩、ということであろうか。



紫雲堂分岐;12時13分
数分上ると木標。「ロープウエイ山頂駅0.2km 円教寺0.7km 」「紫雲堂跡展望広場を経て圓教寺へ」と言った案内がある。、紫雲堂が如何なるものか知らないが、取り敢えず紫雲堂跡へと登山道を右に折れる。






紫雲堂跡;12時15分
数分で開けたところに。地形図で見ると東に張り出た210m等高線に囲まれた平坦部となっている。南面だけが開け、東西は木々に覆われ見通しはそれほどよくない。
案内には「創建は不詳。東坂上ノ休堂として、参詣者の湯茶の接待所としても長く愛されてきたお堂であった。昭和30年代半ば老朽化したので、建物を取りたたんだ。
その建物は元和9年(1623)に再建されたものと伝えられる。その由来は、康保3年(966)御開山性空上人が九州背振山より東上の折、紫雲がたなびく「素盞の杣(すさのそま)」に稀にみる霊性を感じ、終生の道場として入山、寺を開基された。その紫色の雲がたなびいていたのがこのあたりと伝えられ、阿弥陀如来を安置し紫雲堂が建てられた」とあった。堂跡を示すのだろうか、円形の造作物が置かれていた。
●素盞ノ杣
素盞ノ杣は元々、素盞嗚命が山頂に降り立ち、一夜の宿としたとの故事に拠る。往昔よりこの地には「素戔嗚命」の祠が祀られていたとも。圓教寺の山号の由来はこの「素盞(すさ)」からとの説もある。書写山一帯は昔、飾磨郡曽左村と呼ばれていたが、その「曽左(そさ)」も素盞(すさ)を由来とする、と。
『西国霊場縁起』に「書写山の性空上人が法華経十万部の書写の導師として閻魔大王に召され」といったように、性空上人のエピソードに、法華経の書写があちらこちらで登場する。書写の由来は、てっきりこの法華教書写からと思っていたのだが。。。
ちなみに寺号である、「圓教寺」の「圓」は円の形(園輪)は欠けたところがない境地、諸仏・諸法の一切の功徳を欠けることなく具足した「圓輪具足」であり、サンスクリットの曼陀羅の意。最高の悟りの境地を教える寺、といった意味だろうか。

十二丁;12時17分
紫雲堂跡を離れ、道脇に立つ石仏を見遣りながら進むと十二丁の標石が立つ。

性空上人はなぜ世に知られたのだろう
再び標石だけでスペースが空いたので、性空上人に関わるメモ再開。

性空上人を慕って多くの人がお山を登ったのは前述のとおり。あれこれの奇瑞譚、観音霊場開山縁起の冥途・蘇生譚、善光寺には渡唐譚もあるというが、それはすべて高徳・高名の僧となってからのこと。それでは世に名を知られるようになったのきかっけは?
何となくではあるが書写の山に登るころには、既に世に知られるようになっているように思える。とすれは、上人が世に知られるようになったのは、それ以前、どの解説にも、さらっと書かれている「霧島・背振山での修行」の時期のように思える。
「大日本国法華経験記」には性空上人の修行の様子を伝えるが、「人跡途絶えた深山幽谷に住み、暮らしぶりは日々の糧を求めることもなく、ひたすらに行を積む」とある。ひとり山に籠っての法華持教者の修行がその名を世に知らしめることになるとは思えない?

あれこれチェックすると、霧島では霧島六所権現を核とした霧島山信仰を創り上げたとされる。霧島山を天台の山として、観音霊山の骨格をつくりあげた、ともいう。
また、背振山に至っては、そこは深山幽谷での修験といったイメージとは異なり、8世紀開基の大寺院での修行であった。比叡山・高野山・英彦山と並び称される山岳仏教の聖地であった。『背振千坊・嶽万坊(たけまんぼう)』と称された大寺には伝教・弘法・慈覚・智証の諸大師や栄西といった数々の名僧智識が入山修行している。その大寺で性空は天暦元年(947)から康保3年(966)までの19年修行し、多くの堂坊を再建し法華経読誦に励み、お山を霧島山と共に一大山岳修行の霊山となしたようである。
深山にひとり籠っての修行三昧といったイメージとはまるで異なる上人像が現れてきた。であれば背振山を後にし、書写のお山に登ったときに上人の名が都まで届いていたというのは納得できる。

十三丁;12時20分
コンクリートで固められたステップを進むとロープウエイの山上駅。その道脇に十三丁の標石。

再び秩父観音巡礼縁起に戻る
秩父観音霊場開基縁起で登場した性空上人。あれこれ疑問があったのだが、テーマがややこしそうで、ずっと寝かせておいたのだが、圓教寺へと上りながらメモをまとめた。ついでのことでもあるので、秩父観音霊場を歩いたときにメモしたことをコピー&ペーストする。上記メモを踏まえて読むと、なんとなく以前とは違った風景がみえてきた;
「(秩父観音霊場は」修験者を中心にして秩父ローカルな観音巡礼をつくるべし、と誰かが思いいたったのであろう。鎌倉時代に入り、鎌倉街道を経由して西国や坂東の観音霊場の様子が修験者や武士などをとおして秩父に伝えられる。が、西国巡礼は言うにおよばず、坂東巡礼とて秩父の人々にとっては一大事。頃は戦乱の巷。とても安心して坂東の各地を巡礼できるはずもなく、せめてはと、秩父の中で修験者らが土地の人たちとささやかな観音堂を御参りしはじめ、それが三十三に固定されていった。実際、当時の順路も一番札所は定林寺という大宮郷というから現在の秩父市のど真ん中。大宮郷の人々を対象にしていたことがうかがえる。
秩父ローカルではじまった秩父観音霊場では少々「ありがたさ」に欠ける。で、その理論的裏づけとして持ち出されたのが、西国でよく知られ、霧島背振山での修行・六根清浄の聖としての奇瑞譚・和泉式部との結縁譚など数多くの伝承をもつ平安中期の高僧・性空上人。その伝承の中から上人の閻魔王宮での説法・法華経の読誦といった蘇生譚というのを選び出し、上にメモしたように「有り難味さ」を演出するベストメンバーを配置し、縁起をつくりあげていった、というのが本当のところ、ではなかろうか。
実際、この秩父霊場縁起に使われた性空蘇生譚とほぼ同じ話が兵庫県竜野市の円融寺に伝わる。それによると、性空が、法華経十万部読誦法会の導師として閻魔王宮に招かれ、布施として、閻魔王から衆生済度のために、紺紙金泥の法華経を与えられる、といった内容。細部に違いはあるが、秩父の縁起と同様のお話である。こういった元ネタをうまくアレンジして秩父縁起をつくりあげていったのだろ。我流の推論であり、真偽の程定かならず」と。
当たらずとも遠からずといった秩父巡礼散歩時のメモではあるが、今回の上述メモで、その行間を埋めることが少しできたようにも思える。
「寝た子を起こした」ためちょっと頭の整理が大変だったが、それなりのリターンを得たようにも思える。

和泉式部の案内;12時23分
先に進むと入山ゲート(志納所)。拝観料を払い入山。ゲートの辺りには「書写山と和泉式部」と題された案内に続いて、10枚の絵巻を切り取ったようなパネルに和泉式部の人となりが書かれていた。
「書写山と和泉式部」の案内には、西の叡山と呼ばれた書写山圓教寺の説明、性空上人の開山縁起、和泉式部と性空上人との関りが書かれる;「1.西の叡山と呼ばれて 書写山圓教寺は平安中期、西暦966年に性空上人が開いた天台宗の寺。この時期は平安女流文学が花開いた時期でもある。人々は当時の大寺を数え上げ、長谷山、石山、比叡山、書写の山と歌った。以来千年、圓教寺は西の比叡山と呼ばれ現在に法灯を伝える。上人は敏達天皇の末、橘姓
2.白雲に導かれて書写山へ 上人は幼いころから仏心篤く、出家して九州の霧島山で法華経による修行を重ね、新しい霊地を求めて旅に出る。白雲に導かれ播磨に至り、書写山に紫の瑞雲が漂うのを見て、この地に庵を結び、「六根清浄」の悟りを開き、崖の桜の木に観音像を刻み礼拝の日々となす。
3.恩賜の寺号と和泉式部の名歌がシンボル 上人が悟った報せは、直ちに京に届き、花山法皇は書写山に行幸し、大講堂を寄進し「圓教寺」の寺号を賜る。さらに上人のすすめで西国三十三観音巡礼を中興する。
一方、和泉式部は平安女流歌人の第一人者として 「冥(くら)きより 冥きみちにぞ入りぬべき 遥かに照らせ 山の端の月」の名歌を上人に献じる。恩賜の寺号と和泉式部の絶唱の名歌は圓教寺の象徴となっている」といったことが書いてあった。

十七丁:12時40分
ふたつに分かれる道の分岐点に慈悲の鐘。「こころの鐘」と読むようだ。比較的新しいよう。平成4年(1992)建立とのこと。和泉式部の絵巻風パネルの近くにあった「和泉式部歌塚案内図」にあった境内の地図に拠れば、左に折れると円教寺会館、妙光院、そして西坂参道へと進むよう。右に折れ、仁王門への参道へと歩を進める。
参道に「西国三十三観音道」の案内。「摩尼殿(本堂)まで約15分。摩尼殿から諸堂まで6分。文化財諸堂から奥の院・和泉式部歌塚まで2分」とある。参道に立つ銅製の西国三十三観音像を見やりながら進む。
十九番行願寺の千手観音立像を超えた辺りで右手が開け、展望台。播磨の里を見る。
先に進むと道脇に十七丁の標石が立つ。十四丁から十六丁の標石もあったのだろうか。

仁王門;12時42分
十七丁標石から数分で仁王門。「圓教寺の正門。東坂の終点にあたり、これより中は聖域とされる。
門は、両側に仁王像を安置し、中央が通路となっており、日本の伝統的な門の形を受け継いだ「三間一戸の八脚門」である。天井には前後に二つの棟をつくり、外の屋根と合わせて「三つ棟造り」となっている」との案内がある。
ここから境内にはいっていくのだが、「寝た子を起こした」ためのメモがちょっと長くなってしまった。取り敢えずここでメモは中断。仁王門から先のメモは次回に回す。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoyochichi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/568

コメントする

最近のブログ記事

讃岐 歩き遍路;八十五番札所 八栗寺より八十六番番札所 志度寺へ
八栗寺から八栗山を東南に下り、海岸線を…
讃岐 歩き遍路;八十四番札所 屋島寺より八十五番番札所 八栗寺へ
真念の『四国遍路道指南』には、「是(私…
讃岐 歩き遍路;八十三番札所 一宮寺より八十四番番札所 屋島寺へ
一宮寺よりはじめ、八十四番札所屋島寺へ…

月別 アーカイブ

スポンサードリンク