尾瀬散歩 そのⅡ;尾瀬ヶ原から尾瀬沼に抜け、三平峠を大清水に

| コメント(0) | トラックバック(0)

快適な山小屋での尾瀬の夜を過ごし、本日は尾瀬ヶ原から尾瀬沼へ向かい、沼尻から湖畔を辿り三平峠を越えて大清水へと抜ける。本日のコースは尾瀬を開き、そして尾瀬の自然を守ろうとした平野長蔵、長英、そして長靖氏ゆかりの地が多い。尾瀬の電源開発、車道建設などキーワードだけ少しは知っているのだが、今ひとつ理解が不十分である。
情感に乏しく、花鳥風月を愛でる性もない我が身とすれな、せめてのこと、尾瀬を巡る諸問題を理解するいい機会だと、尾瀬関連の書籍を求めて書店を巡る。が、社会・環境問題としての尾瀬を扱った書籍はなかなか見つからない。『尾瀬に死す:平野長靖(新潮社)』などは当時話題になった書籍であるので簡単に見つかるかと思ったのだが、残念ながら大手の書店にも並んでいなかった。古本屋を歩き見つけたのが『尾瀬と鬼怒沼:武田久吉(平凡社)』、のみ。
それではと図書館巡り。自宅のある杉並区の図書館を3カ所巡り、『尾瀬に死す:平野長靖(新潮社)』、『定本 尾瀬 その美しき自然;白籏史朗(新日本出版社)』、『尾瀬―山小屋三代の記;後藤允(岩波新書)』、『尾瀬ヶ原の自然史;阪口豊(中公新書)』を見つけ、読み終える。古本屋、そして図書館の有り難さを改めて感じ入り、お散歩のメモをまとめることにした。



本日のルート:

初日;片品村
二日目;
鳩待峠>横田代>中原山>アヤメ平>富士見小屋>長沢新道下り>土場>長沢新道下山>竜宮>沼尻川交差>燧小屋
三日目;燧小屋>イヨドマリ沢交差>ケンゴヤ沢>白砂田代>沼尻田代>小沼湿原>大清水平分岐>三平下>三平峠>車道停止点>冬路沢交差>長靖終焉の地>三平橋>一ノ瀬休憩所>大清水小屋

見晴;7時45分出発_1417m
燧小屋出発は7時45分。出発前、弥四郎の清水に湧水を補給に向かう。山小屋の間を成り行きで進み、弥四郎小屋の脇にある弥四郎の清水の吐き出し口に。この清水は丈堀とも呼ばれるが、それは丈右衛門さんという漁師が小屋がけしたことに由来する。現在山小屋の集まるこの地は見晴と呼ばれているが、昭和30年代までは丈堀と呼ばれていたようだ。湧水は丈堀川となり、赤田代に向かう木道に沿って流れ只見川に注ぐ

イヨドマリ沢;8時39分_1537m
燧小屋を離れ尾瀬沼へ向かう。ブナの林に敷かれた木道を進むと、10分程度で燧ヶ岳登山道のひとつ・見晴新道への分岐に。先に進むと次第に沢音が聞こえてくる。沼尻川が接近してきたようだ。燧ヶ岳の分岐からおよそ1キロ弱でイヨドマリ沢に交差。沢に架けられた木道は如何にも滑りそう。イヨドマリ「魚(イオ)止まり」に由来する。沢が沼尻川に合流するあたりに魚が遡上できない急流があるとのことである。

白砂峠:9時37分_1677m
イヨドマリ沢を越えると段小屋坂の上りとなる。その昔、坂に沿って段々に小屋がけがあったようである。白砂峠まで距離2キロ弱、比高差150m程度の坂を上ることになる。右手すぐ下に接近した沼尻川の沢音を聞きながらゆったり進む。
燧ヶ岳の南麓、尾瀬沼と尾瀬ヶ原をわけるこの辺り一帯は、燧ヶ岳の岩なだれの跡との説がある。山塊が崩壊し、その岩石が一気に南に滑り落ち形成された。燧の双耳峰としてよく知られる柴安グラ(2356m)とマナイタグラ(2346m)の二つのピークに挟まれた馬蹄形凹地はその名残、とか。辺り一帯は、沼尻岩なだれの流れ山とも呼ばれる。
道は木道と岩場の繰り返し。ブナの林は美しいが、木道にこびりついた落ち葉でスリップもしばしば。ダンゴヤ沢(9時2分_1575m)などのあたりになるとブナの林がコメツガなどの針葉樹に変わってくる。最後の急坂を上ると白砂峠・乗越(標高1680m)に。

白砂田代;9時45分_1654m
白砂峠・乗越から先には、距離は短いが急な岩場の坂がある。足場が悪く滑りに注意しながら下りきると森が開け、白砂田代に出る。川底が白い砂地であったのが名前の由来、と言うが、その白砂は尾瀬沼の水を片品川に流す取水堰の工事のコンクリート用に採取された、とか。
遠景に燧ヶ岳を配し、オオシラビソの森に囲まれた湿原の中、池塘を見やりながら進む。この白砂田代は、現在裸地化に伴う回復工事・植生復元がなされている。昭和30年代からの尾瀬ブームのピーク時には年間60万名ものハイカーが尾瀬を訪れた。そのオーバーユースのために踏み荒らされたのか、それとも取水工事によるものなのだろうか。ともあれ、現在尾瀬ではアヤメ平、至仏山、沼尻・白砂湿原周辺、赤田代周辺で植生回復作業が行われているようだ。

沼尻平;10時18分_1664m
1キロほど進み樹林が沼尻へと開ける手前に小屋がある。「沼尻そば」というそば屋さんがあったとのととだが、現在は営業休止となっている。改装に際し、お手洗いの浄化槽整備に伴うコスト負担がその因と、Yさん。一説には3000万円以上のコスト負担がある、と言う。2004年だったか、長蔵小屋でのゴミの不法投棄が事件となって報じられ、その後も尾瀬ヶ原西端の山ノ鼻地区、見晴地区、この沼尻地区でもゴミの不法投棄が見つかっている。理屈では、よろしくないこと、とはわかるのだけれど、山小屋がこのような環境保全に伴うコストを負担するのはさぞかし大変であろうと思う。
先に進み沼尻平に。沼から燧ヶ岳に向かって広がる湿原には池塘が点在する。燧ヶ岳の山容が如何にも、いい。燧=ひうち=火打ち、と火を噴く火山のイメージが名前の由来との説もあれば、雪渓が「火ばさみ」に見えるから、といったものなど、燧ケ岳の由来は例によっていくつか。
ちなみに私の田舎・愛媛県の瀬戸内に広がる海のことを燧灘と呼ぶ。この燧の由来も「日映ち=夕日に映えていかにも美しい海」だから、とか、星にまつわる伝説とかこれも、いくつかの説がある。星伝説というのは、愛媛県伊予三島市のとある神社で大山祇(おおやまづみ)の神を迎えるに際し、海が荒れた。荒ぶる海を鎮めるべくお祈り。山に赤い星のような火が現れて海を照らす。と、海の荒れがおさまった。以来その山は赤星山、海を日映灘(燧灘)と呼ぶようになったとか。この地方一帯に星さんと言う名前が多い。星にまつわる伝説など、この地に残るのだろうか。

沼尻休憩所
湿原をぐるりと一周し沼尻休憩所に。残念ながら本年度は既に店じまいであったが、この休憩所は長蔵小屋の経営であり、尾瀬の歴史がはじまった場所でもある。平野長蔵翁が最初にこの地を訪れたのは明治22年(1889)のこと。燧ヶ岳に神威を感じ開山し、翌明治23年(1890)には燧ヶ岳山麓のこの地に燧嶽神社愛国講社を祀る。明治35年(1902)には日々のたつき(方便)を得るため尾瀬沼で養魚事業をはじめたようだ。
その翌年の明治36年(1903年)、尾瀬沼・尾瀬ヶ原を巻き込んだ水力発電所開発計画が浮上する。利権目的の林業投資が失敗し、山を丸ごと水利事業のために転売し巨利を得んとした政治家の暗躍があったと、人は言う。翁はそのプロットに反対するも、水利事業に絡んだあらぬ誤解も受け、また、燧嶽神社に思ったほどの信者も得られず、結局は村を追われるごとく栃木県の今市に移る。明治37年(1904年)のことである。
明治43年(1910)、信仰復活を唱えこの地に長蔵小屋を建てる。尾瀬の最初の山小屋である。とはいうものの、山小屋を利用する登山家とて僅かなものである。山間僻地の村人の往来ではなく、「登山」としてこの地を最初に踏査したのは明治22年(1889)のこと。木暮理太郎氏(後の山岳会会長)親子が磐梯山登山の帰途、尾瀬を訪れたのがはじまりである。その後明治27年(1894)雑誌『太陽』で尾瀬が取り上げられ、また明治38年、武田久吉博士が尾瀬を訪れその魅力を紹介するなどして、尾瀬が次第に世間にも知られるようになるが、それでも僅かなもの。大正15年(1926)年で、年間571名の山小屋利用者であった、と言う。山小屋経営だけでは成り立たないだろう。大正4年(1915)になって、尾瀬沼の東岸・会津沼田街道沿いの地に小屋を移すが、それは養魚事業の搬出の便宜のためとも言われる。
大正11年(1922)には、尾瀬と今市の往復を繰り返す生活に終止符を打ち、尾瀬への永住を決める。その背景には大正3年(1914)に構想され、大正11年(1922)に発表された尾瀬の電源開発への反対の意志もあったのだろう。尾瀬沼の水を尾瀬ヶ原にためてダムとし、至仏山にトンネルをとおし群馬の水上に落とし発電するという計画である。大正13年には、尾瀬の自然保護に理解を示す武田久吉氏に会い協力を求めるなど再三上京し尾瀬の自然保護を訴える。自然が豊かであるが、しかし人々が大層貧しかった昭和の初期、自然の大切さ、その自然を保護することの重要性を説くことは困難なことではあっただろう。ちなみ武田久吉博士の父は幕末の外交官として名高いアーネスト・サトウ氏(Sir Ernest Mason Satow)である。
昭和4年、『改造』に武田久吉博士が「秋の尾瀬」と題して書いた紀行文にある「山人と語る」を引用:(略)炉辺に長蔵老人の気焔を聞く。孫の頭をなでつつ尾瀬の今昔を語る主人の龍顔は、幾十年かの苦闘を物語るに十分である。南会津の山奥檜枝岐に生まれ、十歳の時父を失ってそのため小学教育も完全に了えなかったが、独学で文字に親しみ、後或いは皇典講究所に学んで社掌となったり、または水産講習所の淡水魚養殖の講習に出席して鮭鱒の孵化技術を習得したり、時には政治を談じ、時勢を論じ、或いは植物愛護に努力したり、郷土殊に尾瀬地方一帯の保護と開拓とに渾身の精力を打ち込んで奔走すること四十年。今日尾瀬が自然のままに残されて、その国宝的価値を保有し得るは、一に翁の努力の賜にほかならない。
 総じて破壊は易く保護は難い。殊に自然から利益を搾取しようとする事業家の魔手から一地方の自然を完全に保護しようとするには、絶大な資金を擁するか、さなくば世間の広大な同情後援に頼らなければ、その遂行は容易でない。しかも尾瀬沼山人の生国檜枝岐の村民は、山人の目的が一に私利私欲にありと誤解し、嫉妬の余り事業の妨害を試みてやまないと言うに至っては実に言語道断である。その迫害に耐えて奮闘し来たった勇気は実に敬服に価する。尾瀬一帯の価値が年一年と世間に現われ、その保護の必要が識者の間に絶叫され、やがてそれが実現した暁には、長蔵翁の功績は尾瀬の名と共に不朽に伝わるに相違あるまい」、と(『尾瀬と鬼怒沼(平凡社)』)。昭和5年、翁永眠。

沼尻川取水口
沼尻を離れ尾瀬沼の南岸を三平下に向かう。ほどなく沼尻川の取水口に。尾瀬沼に源を発し、尾瀬ヶ原を貫流し只見川となる沼尻川の始点である。そしてそこは大正3年(1914)に構想された尾瀬の電源開発の堰堤建設予定地でもあった。この地に12メートルの堰堤を築き、尾瀬沼の水面を10m以上増加させ、これをすぐ南にある小沼に引き入れ、その南端から隧道によって第一発電所に落とす。さらにその水を沼尻川に集め只見川に流し、三条の滝の上方に堰を設ける。堰によって水を溜め、尾瀬ヶ原全部を水底に没し、その溜まった水を猫又川上流部の柳平の上手から日崎山の下を潜らせ利根川入りに流す。水は至仏山の西側を渠によって水上の湯の小屋付近に導き、ここに大発電所を設置する、といったもの。また、一方では堰に溜まった水を只見川に落とし巨大な落差を利用して更に大規模な発電を試みよう、とした。
武田久吉博士が前述「秋の尾瀬」にこの計画に対し、「いずれにせよ、貴重な植物を蔵し、本州最大の湿原であり、またその風致も他の追随を許さぬものを、水底に没し去ろうとする無謀の計画である。
 もっとも自然の美を解せず、科学的に見た尾瀬の価値を知らない企業家が、単に地図を展べて発電能力ある地を物色するとしたら、尾瀬に白羽の矢を既てるも無理からぬことであろうしかしそれを許可する官憲が、軽々に事を断じて、少数事業家のために、国宝的否それ以上の価値ある尾瀬を破壊して、国家的損失を将来するの愚ずあえてするに至っては、吾人が断じて放任することの出来ない問題である」、と書く(『尾瀬と鬼怒沼(平凡社)』)。

この計画は昭和9年(1934年)、尾瀬が日光とともに日光国立公園に指定されることにより、尾瀬沼のダム案は消え去った。尾瀬ヶ原のダム案が依然として残ってはいたが、この計画も実行されることなく終わる。紆余曲折があって尾瀬の電源開発計画を引き継いだ東電が水利権の更新を放棄し、事業を正式に断念したのは1996年(平成8年)のことである。

尾瀬沼南岸道;
沼尻川に架かる沼尻橋を越える。ここが福島県と群馬県の境。小沼湿原(10時30分_1662m)を進む。振り返ると燧ヶ岳がどっしりと構える。先に進み森の中に入り、やがて前方に大きくU字型に切れ込んだところに出る。アヤメヶ淵と呼ばれているようだ。6月の頃にはミズバショウの群落が鑑賞できる、とか。
その先、道は尾瀬沼に少し傾いた斜面を通る。アップダウンを繰り返しながら進むと皿伏新道分岐(11時14分_1668m)に。ここを右に曲がると20分程度で大清水平湿原。その先は皿伏山、白尾山を経て富士見峠へと抜ける、おおよそ7.5キロのルートがある。
三平下まで残り1.1キロ。アップダウンを繰り返しながら進んでいくと、間もなく燧ヶ浦。湖面近くに下りることができる。燧ヶ浦から先もアップダウンもきつく、木道や木の階段も尾瀬沼側少しに傾いたところもあり、少々注意が必要。先に進み道が右にカーブするとその先に小屋が見えてくる。東電取水小屋である。

東電取水小屋
この地も尾瀬を巡る電源開発の舞台のひとつ。取水口から尾瀬沼の水を取り入れ、三平峠の下を穿ったトンネルで水を片品川に落とし、渇水期に片品発電所など7つの発電所に水を供給している。国土地理院の『ウオッチズ』を見ると、尾瀬沼から三平峠の下を片品川の上流部・ナメ沢に破線が引かれている。また大清水休憩所近くから片品発電所に破線が続く。この破線が導水路であろう。
この尾瀬沼の取水発電計画が発表されたのは昭和19年(1944)。戦時体制下の電力需要に応えるためとの大義名分には抗すべくも無く、尾瀬沼水路の工事は開始された。朝鮮人の強制労働者も従事したとのことである。戦争激化のため一時休止した発電計画は、戦後、昭和22年(1947)になり再開が協議される。学者・電力会社・農林省・文部省・群馬・福島両県関係者など40名が、長蔵小屋で可否を協議の結果、再開との決議。反対は長蔵小屋二代目の平野長長英氏ただ独りであった、と言う。昭和24年(1949)、沼尻に尾瀬沼取水ダム堰提工事完成。この電源開発により当時の東京の1日分の電力が賄われたとのことである。
この工事が尾瀬沼の環境に与えた影響は大きいと言われる。この堰のため尾瀬沼の平水位上1m、下2m、合計3mの水位変化が起き、その水位の上下による植物の枯死が始まった。また、尾瀬沼だけでなく沼尻川から尾瀬ヶ原に流れる流量が減少しており、尾瀬ヶ原の環境に与える影響も懸念されているようだ。

三平下;11時53分_1665m>12時39分出発
東電取水小屋を過ぎればほどなく三平下。無料休憩所の周囲には多くの人が佇む。我々のように尾瀬沼の西岸を辿った者、東岸を来た人、大清水登山口から三平峠を越えて来た人など、さまざまだろう。ずっと昔尾瀬沼に家族で来たとき、福島の檜枝岐から沼山峠を越え、大江湿原を見やりながら尾瀬沼の東岸をこの三平下まで来たことがある。そのうちに尾瀬ヶ原に足を伸ばしたいなどと思っていたのだが、十年近くを経てやっとその想いが実現した。
休憩所でしばし休憩。休憩所に尾瀬近辺のジオラマが展示されていた。地形フリークの我が身には誠に嬉しい。二日にわたって辿ってきた道筋の凹凸を確認し、はるばる来たぜを、しみじみ想い、また、会津と上州間交易の中継地であったと言われる三平下の、その地形や位置に歴史を重ねる。

三平下は会津と上州を結ぶ会津街道・沼田街道の道筋にある。少々オーバーとは思うが「交易の要衝」と呼ぶ人もいる。会津街道・沼田街道は会津若松から奥会津の山間部の険路を抜け、伊北街道、伊南街道をへて檜枝岐に至る。「街道」とは言うものの、道は人ひとり通れるかどうかといった杣道である。只見川沿いの道など断崖絶壁の連続で、とても「街道」といった趣きではない。江戸時代、この地は幕府の直轄地であり、田島の代官所に再三にわたり難所改良の陳情をするも難工事故に手が着かず、道らしき姿に整備されたのは明治になってから。実際、「沼田街道」と呼ばれるようになったのは明治になり、道筋が整備されてからである。
それはともあれ、道は断崖絶壁の難所、ところによっては、舟で人を渡し、沼田街道沿いだけでも40近くある峠を越えて山間の集落を繋ぎ檜枝岐に出る。檜枝岐には上州口の戸倉の関と同じく口留番所があった。定留物として女・漆・巣鷹・鉛・駒・熊皮・蠟・紙の八種、留物として真綿・薄縁・木地・ござ・畳表・羚羊皮・杉板・桶など杉木材の類・砥石・木綿帽子・駄馬・こぬか・鷺・鴨など鳥類・みなと紙・酒と粕・唐紙・油荏水油と粕・紙合羽・紙帳・元結の一九品が定められていた。番所ではこれら禁製品を取り締まっていた(『会津の峠;笹川壽夫編(歴史春秋社)』)。檜枝岐からは七入に入り、道行沢に沿って高度を上げ、沼山峠を越え大江湿原脇を尾瀬沼へと下り、この三平下に。この地で会津からの物品と上州からの物品が中継され、上州へは三平峠を越えて大清水から片品川に沿って戸倉に下り、片品村を経て沼田に至る。

杣道ではあろうが、この道の歴史は古い。山間の集落には源氏や平家の落人伝説も残る。尾瀬三郎藤原房利の物語は、平清盛との恋のさや当てに敗れ、この尾瀬で憤死した公達の伝説。尾瀬大納言藤原頼国の物語は平氏追討の令旨を発した以人王に従い落ち延び、尾瀬ヶ原に棲んだとされる伝説。伝説ではあり真偽の程は定かではないが、ともあれ平安の頃には伝説を生み出すその素地がこの地にあった、ということだ。
伝説を残すこれら公達は尾瀬の名前の由来ともされる。とはいうものの、「おぜ」という名が歴史上登場したのは江戸時代からで、それも「小瀬沼」であり、それ以前は単に国境を表す「さかい沼」、ふるくは「長沼」「鷺沼」とも呼ばれていたわけで、いまひとつ納得できない。「おぜ」は「悪勢」との説もある。安倍貞任の子どもだったり、尾瀬の大納言の部下だったりと諸説・伝説あるが、つまりは悪いやから=悪勢がこの地に棲んだとのことからだ。これも出来すぎといった感があるので、しっくりこない。で、結局は地勢的特長から来る「生瀬」(おうせ)からきたという説。つまりは、浅い湖沼中(瀬)に草木が(生)えた状態=湿原を意味する「生瀬」が転じて「尾瀬」となったという説が自分としては納得感が高い。

三平峠;13時5分_1758m
三平下を離れ三平峠に向かう。樹林の中の急坂を上る。見晴らしはあまりよくない。所々で現れる見晴らしポイントで振り返り、燧ヶ岳や尾瀬沼を眺める。三平下から少し北に上った尾瀬沼東岸の長蔵小屋、その手前にある小振りな岬・「檜の突き出し」らしき姿も見える。大江湿原に立つ三本カラマツが見える、とYさん。十数年前辿った記憶を呼び起こす。
先に進み針葉樹の林の中に三平峠が。標高1762m、尾瀬峠とも呼ばれたようである。また、三平平とも呼ばれる。峠の西の皿伏山(1916m)と東のオモジロ山(1884m)の稜線を結ぶ緩やかな鞍部であるため、こう呼ばれる。地形図を見ると南北にも緩やかな「平」となっている。

三平見晴
オオシラビソの森の中、峠からの「平」な道を進む。ほどなく左手が開けてくる。どの辺りからか場所は特定できなかったが、見晴らしのいいところを三平見晴と呼ぶようだ。西の荷鞍山(2024m)や武尊山(2158m)、白尾山(2003m)、至仏山、南に赤城山、眼下には片品川の谷筋が見渡せる、とのこと。実物は、どれがどれだかわからないので、後日カシミール3D で「展望」を確認する。
武尊や至仏など西の山容を確認するも、「何をやってんだろう」と、ふと我に返り、後は取りやめ。ともあれ、リアルもバーチャルも見晴らしはよかった。

十二曲がり
急な坂を下る。ジグザグの山道は十二曲がりと呼ばれている。道の周囲も針葉樹から広葉樹へと代わり、紅葉が美しい。白い幹と紅葉した葉のコントラストを示すブナ、ハウチワカエデの鮮やかな紅葉などが目に入る。下り道ではあるので、膝への負担があるにしても、少々は花を愛でる余裕もあるが、上りは誠に厳しいだろう。三平平の標高は1762m。山道口の一ノ瀬の標高が1400m強であるので、2キロ弱の距離を350mほど上るわけで、なかなか厳しい山道である。尾瀬でも有数の厳しい尾瀬入りコースと言われるのも頷ける。
途中、見晴大岩とか三平大岩といったところがあったようだが、見落とした。また、十二曲がりのどの辺りであったのか特定できないが、左手の山腹に連なる道跡が見える、とYさん。旧沼田街道に沿って尾瀬沼を通り福島へと抜ける、といった計画で着工された道の工事跡である。1966年、工事は開始されたが、1971年、長蔵小屋の平野長靖氏が大石武一初代環境庁長官に工事中止を直訴し計画は中止となった。工事中止から40年がたち、削り取られた山肌も今ではほぼ緑で覆われていた。

岩清水;13時44分_1589m
十二曲がりを下りきると開けた広場に。ここは尾瀬を抜ける計画の国道工事が中断された個所。先ほど左下に見た道筋はオモジロ山の山腹を這って進み、冬路沢を越えてこの地に進んで来ていた。道跡もすっかり緑で覆われており、Yさんに教えてもらわなければ、なにもわからなかっただろう。Yさんに感謝。広場にあるベンチで小休止。
広場の近くに塩ビのパイプから流れ出す清水がある。昔は小さな岩場から流れ出し「石清水」と呼ばれていた。今は、なんの変哲もない水場ではあるが、ここは道路建設工事を止めるきっかけともなった場所である。1966年(昭和41年)開始された車道工事は1971年(昭和46年)には工事はスピードをあげてこの岩清水まで延びてきた。平野長靖さん(平野長蔵さんの孫・長英さんの子ども)は6月24日付け朝日新聞に「泉が涸れる」との投書をおこなった:「峠には細い道があった。広葉樹の緑のトンネルの中に、小さいが冷たい泉がわいていて、数百年もの間、通り過ぎる旅人を慰めてきた。(中略)この泉はいこいの地点だった。峠の名は尾瀬の三平峠。いま若葉がもえ、ムラサキヤシオツツジが咲き、鳥たちの歌うこの季節に、峠の道は死につつある。昨日、私たちは、泉から百メートル足らずに迫るブルドーザーを見た。すでに周囲のブナの木々は切り倒されて転がり、木陰はなかった。あと数日で、ブルは泉のすぐ上を踏みにじり、清水は確実に涸れて、赤い土砂で埋めつくされるだろう。排気ガスももうすぐだ。それは私たちには八年前から恐れながら、むなしく座視してきた事柄だった。毎年、小さな声で無念さを語り続けてはきたが、なぜ反対運動をしないのかと問い返されると、一言もなかった。いったい、この道路開通を心から喜ぶ人がいるのか。(中略)やがて鳥たちの声が消えるとき、なによりも人間そのものが荒廃してゆく。暮らしに追われたとはいえ、あまりに非力だった私たち自身を責めあざけるのみだ。倒された木々と、涸れてゆく泉の前に、それに日本の次の世代の前に、重要な共犯者は頭を垂れつづけるだろう。自然に心を寄せる各地のみなさん、お笑いください」、と。

経済成長から置き去りにされた山村の産業振興と観光を目的に計画された自動車道の建設は群馬県知事(「地元のためにはどうしても必要な道路だ(神田坤六群馬県知事)」)、片品村長(「過疎に悩む山村が発展していくには観光が大きな要素であり、それには道路を作らなければ(大竹竜蔵片品村長)」、といった行政の長、また片品村の有権者の九割を越える道路建設推進の署名が群馬県議会に提出されており、そのような状況の中での苦渋の決断であったのだろう。自然環境保護か生活か、といった議論は当事者ならぬ自分には判断の是非は軽々にコメントできないが、ともあれ長靖氏は、これ以降、行政への誓願、東京での街頭署名運動、デモ行進へと東奔西走することになる。

長靖終焉の地;14時24分_1451m(金山沢交差近く)
広場を離れ先に進み冬路沢に架かる木の橋を渡る。冬になると沢を埋める雪が峠への道筋となったこの沢を過ぎると本格的山道は終了する。道脇を流れる渓流を愛でながら進み、ナメ沢と金山沢が冬路沢に合流するあたりで「ここが長靖さんの終焉の地」、とYさん。谷側の道脇に座す、結構大きな岩が目印。東京での支援団体との会合に出席のため、東奔西走の疲れた身体で冬の三平峠を仲間と越えた氏は、疲労のためこの地で動けなくなった、と言う。一ノ瀬休憩所に救助を求めに向かった仲間の到着を待つことなく、折から居合わせた大学生のパーティに看取られ永遠の眠りに入った。合掌。

三平橋;14時30分_1426m
先に進むと赤くペンキで塗られた大きな鉄の橋に出る。センノ沢も合流する。元は渓流に架かる吊り橋であったようだが、車道工事に際し新しく架け替えられた。大清水登山口から伸びてきた車道は橋のところまで続いている。ここから先は工事中止に伴い道は廃道となり草で覆われている。砂利道の車道を歩き一ノ瀬休憩所(14時33分_1415m)に。

大清水休憩所;15時47分_1197m
大清水から三平峠に向かう道筋で、最初に瀬・川を渡るところ、ということで名付けられた一ノ瀬休憩所で一休みし、単調な砂利道を、途中柳沢、沖ブドウ沢、中ブドウ沢など片品川に注ぐ支流を見やり、奥鬼怒へと続く奥鬼怒林道の分岐を越え、トマブドウ沢の支流を越えて道を進む。ブドウは多くの山葡萄があった、ため。沖は奥、トマは「とっつき」の意味。
東京都内であれば第一級の樹間の散歩道。尾瀬ならばこそ、単調なる道だ、などと誠に贅沢な台詞に少々の反省をしながらも、1時間ほどで大清水休憩所に到着。3日にわたる尾瀬の散歩を終える。

参考図書;
『尾瀬と鬼怒沼:武田久吉(平凡社)』、『尾瀬に死す:平野長靖(新潮社)』、『定本 尾瀬 その美しき自然;白籏史朗(新日本出版社)』、『尾瀬―山小屋三代の記;後藤允(岩波新書)』l、『尾瀬ヶ原の自然史;阪口豊(中公新書)』

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yoyochichi.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/245

コメントする

最近のブログ記事

讃岐 歩き遍路:七十五番札所 善通寺から七十六番 金倉寺を打ち七十七番札所 道隆寺へ
先回は善通寺から七十六番 金倉寺までの…
讃岐 歩き遍路:七十五番札所 善通寺から七十六番 金倉寺を打ち七十七番札所 道隆寺へ ①
先回のメモでは七十二番札所 曼荼羅寺から…
讃岐 歩き遍路:七十二番札所 曼荼羅寺から七十三番 出釈迦寺、七十四番 甲山寺を打ち七十五番札所 善通寺へ
七十一番札所 弥谷寺から七十二番札所 …

月別 アーカイブ

スポンサードリンク